Surfaceへのリモートデスクトップでキーボードが英語になってしまう

リモートデスクトップでキーボードが英語になる

Windows10のPCから Surface Pro(Windows10 Pro済)へリモートデスクトップすると、キーボードが日本語配置ではなく、英語配置になってしまう症状が発生していました。
最初は何とかそのまま使用していましたが、日本語入力切替や記号の入力が煩雑になってきたので、修正方法を調べてみました。

他の、Windows10へのリモートデスクトップの時は問題なく日本語キーとして使えていました。また、Surface用のタイプカバーを付けた場合に、(当然ですが)タイプカバーのキーボードでは問題なくキー入力ができています。

リモートデスクトップをする側の問題かと思い、リモートデスクトップ接続のオプションを確認してみましたが、キーボード設定らしきものは見当たりませんでした。
リモートデスクトップのオプション画面

Windows側(Surface)に何か設定がないかと思い調べてみたところようやく解決できました。

Microsoftサポートのやり方

Microsoftサポートにキーボードが英語配列になる場合の対処方法がかかれています。

キーボードデバイスのドライバを更新する方法と、キーボードレイアウトを日本語キーボードの設定に修正する方法の2種類が書かれています。今回の場合はリモートデスクトップでの問題ですので、デバイスドライバよりもレイアウトを変更する方法を実行することにしました。
ただ、ここに載っている方法はレジストリを直接修正する方法でしたので、この方法を使わず別の方法を検索しました。

ハードウェアキーボードレイアウトの変更

Windows10の設定をいろいろと探していたところ、ハードウェアキーボードレイアウトの変更設定があることを見つけました。はじめは、Windows10の設定画面から「入力」の項目にある「ハードウェアキーボード」の設定や、そこからたどれる「キーボードの詳細設定」を調べてみたのですが、それらしい項目は見つかりませんでした。
いろいろ設定を検索してみたところ、言語設定の方にそれらしい設定があることが分かりました。「ハードウェアキーボードレイアウトの変更」です。
実際にこの設定を変更すると、リモートデスクトップからうまく日本語キーボードで入力が可能になりました。

ちなみに、Windows10の設定画面のトップにある検索ボックスに「キーボード」「ハードウェアキーボードレイアウトの設定」などと入れても検索結果に表示されませんでした。

以下、方法を説明します。
リモートデスクトップされる側のWindows10で行います。(今回で言うとSurface側で設定します)

WindowsメニューからWindowsの設定を表示し、「時刻と言語」を選びます

左のペインから「言語」を選びます

 優先する言語に日本語が表示されているので、そこをクリックします

 「オプション」ボタンが表示されるのでクリック

 「ハードウェアキーボードレイアウト」が英語キーボードになっているので、「レイアウトを変更」を選択

 キーボート設定を「日本語キーボード(106/109キー)」に変更して「今すぐ再起動する」を選びWindowsを再起動する



これで、リモートデスクトップを使っても日本語キーボードで入力できるようになりました!




0 件のコメント :