Macのスクリーンショット機能はなかなか優秀

こんにちは。東京はすごい雪です。朝からずっと降り続いていますよ。

で、ブログを書いたり、使い方の説明をする時ってスクリーンショットをよくとりますよね。(そんなことあんまりない?)

WindowsではPrintScreenキー(PrtSc)を押すと全画面のスクリーンショットがクリップボードにコピーされますよね。ウィンドウ一つだけのスクリーンショットを取りたいときは、Altキーを押しながらPrintScreenキーを押すと直前にアクティブになっていたウィンドウのスクリーンショットがとれますね。

ただ、それをファイルに保存するにはそこからペイントにコピーしてから保存するなどして、少し面倒です。

では、Macではどうでしょうか。ぱっと見るとMacにはPrintScreenに相当するキーはありません。Macの場合は、キーの組み合わせでスクリーンショットをとることができます。画面の一部分のスクリーンショットをとることもできるんです。

キー一覧を下に書きますね。「+」と書いてあるのは「+」キーを押すわけではなくて、同時に押すという意味です。たとえば、Shiftキー + 3キー と書いてあったら、Shiftキーと3キーを同時に押すという意味です。

★デスクトップにファイルとして保存

  • 画面全体のスクリーンショット
    • Shiftキー + Command(⌘)キー + 3キー
  • 画面の一部分のスクリーンショット
    • Shiftキー + Command(⌘)キー + 4キー
    • マウスポインタが+字形にかわるので、スクリーンショットをとりたい領域をドラッグします
    • この時、
      • Shiftキーを押しながらドラッグすると縦か横のどちらかが固定されてサイズ変更できます。
      • Optionキーを押しながらドラッグすると選範囲の中央を中心としてサイズ変更できます。
      • スペースキーを押したままドラッグすると選択範囲の位置を変えられます
    • 希望の範囲が選択できたらマウスボタンを放すとスクリーンショットがとれます。
    • キャンセルするにはEscape(esc)キーを押してから、マウスボタンを放します。
  • ウィンドウやメニューバーのスクリーンショット
    • Shiftキー + Command(⌘)キー + 4 を押します(上と同じ)
    • その後、スペースキーを押します。
    • カメラのポインタをとりたい領域にもっていくと強調表示されるので、マウスボタンをクリックします。
    • キャンセルするにはescキーを押します。
メニュー画面でも同じようにとることができます。
 

★クリップボードに保存

ファイルに保存するまでもなく、Windowsのようにクリップボードに保存したい場合は、上のキー操作をControlキーを押しながら行います。

★まとめ

画面全体:   Shift + Command(⌘)+ 3
範囲選択:   Shift + Command(⌘)+ 4
ウィンドウ単位:Shift + Command(⌘)+ 4 の後 スペース
クリップボードへ保存:それぞれのコマンドのときにControlキーを押しながら操作する
 
専用キーがないので使いにくいのかと思いきや、実はいろいろできるスクリーンショットなんですね。

Macには他にも「グラブ」っていうスクリーンショットの取れるアプリが入ってます。これについてはまた別の機会に。

下は、範囲選択でとったスクリーンショット。朝は積もってなかったのに今はウィンドウに雪が積もってる!
DashboardSnow
 

0 件のコメント :